vie

フランス生活お役立ち情報

日本銀行パリ事務所

フランスに関する本
歴史・生活・エッセー・ガイドブックまたはフランスが舞台になっている小説等

 

本の題名:地中海(全5巻)
著者:フェルナン・ブローデル(浜名優美訳)
出版社:藤原書店
サルコジ大統領が地中海連合構想を打ち出していますが、その源流が分かります。原文で読むと語学が上達するかも..

 

フランスで「旨い!」と思った食べ物
素材・野菜・お菓子・料理 など

 

うなぎのパテ、かえるの揚げ物
Aux Lyonnaisに行ったのが胃腸虚弱のときでしたが、上記2品はさっぱりしていておいしくいただけました。フランス語の「イユ」づくしです。

 

 

フランスに生活する人にお勧めのお店
フランス生活をより豊にするためのお店を御紹介

 

クラブメッドジムくらいでしょうか。

 

バカンス
お勧めの場所(フランス国内外)

 

ユーロッパのことは皆様書くでしょうから、IMF出向時等に行ったアフリカ諸国(サハラ以南)を観光という観点で紹介しましょう。

  • ガンビア(国名には何故か「ザ」がつく)
    「ルーツ」の主人公クンタキンテの出身地。赤道に近く温暖で、リゾートホテルでゆっくりするイメージ。ガンビア川の上流ホテルに行くと、シンプルライフが 楽しめる(シャワーはガンビア川から直接水を引いており生ぬるい)。首都バンジュールは商業都市で活気あり。アフリカの民族服を買ってみると良い。
  • マラウイ
    マラウイ湖、高原都市ゾンバといった観光資源が豊富。マラウィ湖は少しもぐってみると熱帯魚の宝庫だが、水に寄生虫がいるとかで推奨されていない(小生は 3回目の訪問の際に思い切った)。ゾンバから現地ガイドと共に山に登れる(小生は登頂後熱射病でダウン)。首都リロングウェは静かで良いが、することな し。
  • ザンビア
    ヴィクトリアの滝は、首都ルサカから2~3日の行程。全身びしょ濡れになって滝を抜けると、閉塞感から開放される。滝の上からバンジージャンプをやってみ るのも良い(小生はパス)。国立公園に行くと、キリン、ゾウくらいは見られる。ホテルで見たアフリカ美人コンテストが思い出深い。
  • ケニア
    国立公園では、ライオン、チータ等の肉食獣も含め多くの動物が見られる。4~5日のツアーに参加すると、テントやバンガローに泊まりながら、幾つかのス ポットに連れて行ってくれる(小生は帰りの高低差でダウン、同行の日本人は果物でダウン)。首都ナイロビは、かつては安全で活気のある街であったが、現在 は残念ながら治安状態が悪い。
  • 南アフリカ共和国
    ケープタウンは大変美しい街で、1日ツアーで行ける喜望峰には大変旅情がある。しかし、徒歩でホテルから100メートルも離れると、簡単に恐喝の対象とな る(小生も小型ナイフで脅かされ小銭を失う)。首都プレトリアは静かで特にすることはないが、近くの金鉱跡は面白い。

 

お国自慢
ご出身地のお勧め情報(食べ物・行事・観光地などなど)

 

埼玉県川口市出身。言わずと知れた鋳物の街ですが、今では東京のベッドタウンとなりました。 

kaiin260 100

amehosu bannar260 100 03

kawaraban260 100

会員用ログイン

サイト内検索