vie

フランス生活お役立ち情報

国際協力銀行

フランスに関する本
歴史・生活・エッセー・ガイドブックまたはフランスが舞台になっている小説等

 

本の題名:Guide Vert : les weekends aux environs de Paris  
出版社: Michelin Guide Vert
パリから週末に出かけられる場所に特化したガイドとして面白い。全ての場所に行けるわけではありませんが、読んでいるだけでパリからちょっと足を延ばしてみたくなります。

 

 

フランスで「旨い!」と思った食べ物
素材・野菜・お菓子・料理 など

 

  • 鴨料理全般、
  • 白アスパラ、ほうれん草、ミラベル
  • Gigot d'agneauもフランスで食べると一番美味しく感じます。
    クスクス
  • レバノン料理
  • Cassoulet
  • (おにぎり代わりの)Pain au chocolat

 

 

フランスに生活する人にお勧めのお店
フランス生活をより豊にするためのお店を御紹介

 

  • 日常の野菜、果物の買い物は近所のマルシェに限ります。
  • パリから途上国方面へのお土産には、とらやの『夜半の月』(どらやき)が好評。
  • Vide のアパートを埋めるにはとりあえずIkeaConforama
  • スポーツ用品はGo Sport Decathlonのどちらかに行けば、日本より充実。
  • 電化製品は、結局Darty
  • 冷凍食品のPicard (単身の友、炒めるだけのチャーハンなどあり)
  • 電脳系はFnacSurcouf
  • 大量の安価なアジア食品(ラーメン箱単位など)なら、やっぱり13区方面です。
  • Belleville 界隈では5ユーロ以内で手延べラーメン、肉まん60サンチーム!を発見。

 

バカンス
お勧めの場所(フランス国内外)

 

 

  • コルシカ島:
    貸し別荘、レンタカーのついた飛行機往復パックがお勧めです。透明で遠浅の海でのんびりすると、パリの喧騒を忘れます。
  • ヨルダン:
    死海リゾート、国内の遺跡、紅海のさんご礁、いろいろ盛りだくさんです。
  • (場所ではありませんが)
    キャンピングカーを借りてのんびり周遊するのも、日常のリズムを忘れて本当のバカンス気分に浸れます。そんなに急いでどこに行く?

 

 

お国自慢
ご出身地のお勧め情報(食べ物・行事・観光地などなど)

 

育った長野県は皆さまご存知の山岳リゾート地です。
春は山菜取りに始まり、夏は3000メートル級の登山にも挑戦可能。秋には、りんご、ぶどう、梨などの果物、きのこ、紅葉狩り、何でもあります。
冬は、長野オリンピックのおかげで道路が良くなり、どこにいても車で1時間以内にスキーリゾートあり。
長野新幹線のおかげで、東京からはお弁当を食べ週刊誌を読み終わる前に到着。 

 

kaiin260 100

amehosu bannar260 100 03

kawaraban260 100

会員用ログイン

サイト内検索