vie

フランス生活お役立ち情報

双日欧州会社パリ支店

お土産について

 

フランスに暮らしていて、訪ねてきた人からもらって嬉しかったお土産は?
売れ筋本(日本社会の風を感じられる)
流行小物(遊び心が嬉しい)
子袋菓子・食品類、ビタミン剤(単身赴任には“小分け”と“健康”がキーワード)

 

日本へ一時帰国した際、フランスからもって行って喜ばれたお土産は?
高級チョコレート(お土産の定番)
ラデュレのマカロン(型崩れに注意)
自然塩(日本では珍しくなりました。安い割には喜ばれます。)
ブランド品(値が張るのが難点)

 

 

お勧めスポット

 

パリ市内でのお勧めスポットは?
行ってよかったところ その1
お勧めスポット:1.橋から眺めるセーヌ川(“セーヌ”のない“パリ”なんて・・・)
お勧めのポイント:「△△△のない▲▲▲なんて」というフレーズが流行ったことがありました。パリの古い街並みにセーヌ川の流れが息吹を吹き込んでくれています。
例えば、ロワイヤル橋から眺めるパリの空は広く、両岸の緑、街並み、行き交う人々をはるか遠くまで見渡すことが出来ます。遊覧船が橋下を滑る夏のセーヌ、 夕焼けに赤く染まった秋のセーヌ、冬の鉛色の波立ち、若葉の陰のセーヌ・・・。流れ行く水のようにセーヌの魅力は変化して行きます。
橋以外ではシテ島のアンリ4世騎馬像裏の小さな中の島公園がお勧めです。コンクリート河岸に足を投げ出していると、水面が近く、船の舳先に腰掛けているような気分になります。シテ島はパリ発祥の地です。
行ってよかったところ その2
お勧めスポット:1.ルーブル美術館(“見る”のではなく“読む”ことが必要)
お勧めのポイント:オルセー美術館の綺麗な色使いの印象派の絵を見ていると幸せな気持ちになったり、ポンピドーセンターの抽象画を見ていると詩的な感情に捕われたりしますが、ルーブル美術館の絵はどうでしょう。“立派”で“豪華”で“知的”です。
ルーブル美術館の絵は、説明のため、記録のため、思い出のため、権力を示すため、知的な解釈を示すために描かれたものが沢山あります。いつ、なぜ、何のた めにこの絵が描かれたのか等々を辿りながら鑑賞すると、まるで小説を読むような楽しみが生まれます。死体が重なり合う、悲惨なジェリコーの絵「メデューズ 号の筏」が、セネガル沖での軍艦メデューズ号の沈没を主題としたものであることを知ると、生存者の意識が集中した針先の一点、筏のはるかかなたの波間に 15名の命を救った救助船の姿が浮かび上がってきます。芸術の“宝庫”とはまさにルーブル美術館を表す言葉です。
行ってよかったところ その3
お勧めスポット:シャンゼリゼ通り(シャンゼリゼは“世界の舞台”)
お勧めのポイント:シャンゼリゼ通りは普段は普通の道路です。でも、華やかな“舞台”にも変身する道路なのです。7月14日の革命記念日にはフランスを守 る軍人や警察官や消防職員などが国家に奉仕する誇りを胸に堂々と行進し、上空には轟音と3色のロケット雲とを後に残して戦闘機が飛び去ります。シャンゼリ ゼ通りでは年中様々なイベントが行われています。その度に、パリ市の大道具、小道具係が現れて、通りの真ん中にある信号が外されたり、また付け直されたり します。大イベントでは観覧席がしつらえられます。外国の元首が訪れると通りの両側には国旗が綺麗に並びます。交通が遮断されて、衆目監視の中、警護の オートバイに囲まれた黒塗りの迎賓車が広いシャンゼリゼの舞台を悠々と登ってゆきます。シャンゼリゼの舞台に一度でも立つと“役者稼業”は止められなく なってしまうのではないでしょうか。そして、そんな舞台に立たせてくれたフランスはもちろん役者の友人となるでしょう。道路という“実用”を一歩踏み出し て“舞台”とするフランスの柔軟性としたたかさ・・・東京にも舞台を!
行ってよかったところ その4
イベント物への参加(日本と異なる“弾け”方、“組織化”に学ぼう)
行ってよかったところ その5
パリの不思議探検(社会の違い、発想の驚きに触れられて、実は、これが一番楽しい)

 

項目1~3で紙面を沢山使ってしまいました。項目4、5はまたの機会に紹介しましょう。パリには気をつけて見ると、面白いもの、不思議なものが色々とあり ます。1本の信号機になぜ大小2つの信号が付いているのか?メトロ1番線の三又に分かれた手すり(Goodアイデア)。XXXが触れてしまいそうな背の高 い朝顔と閉じ込められたら怖そうな路上の公衆トイレ。小川のような道路脇の水の流れ・・・どこへ流れていくのでしょうか?一度、ご自身でオモシロ探しをし てみて下さい。パリを訪れる方々用の笑い話が集まります。最近、パリにはヴェリブというレンタル自転車ができました。これを使おうとするフランス人の話し 合い、動作を見ているだけでもオモシロイ。

 

 

バカンス行き先のヒント
バカンス(夏休み、冬休み等)の行き先としてお勧めのところは?

 

フランス以外
オランダ(春の)キューケンホフ公園(木々とお花の好きな方へ)
スイス(夏の)グリンデルワルド(自然の偉大さと友達になろう)
ギリシャの海(“陸”を離れてのバカンスに)

kaiin260 100

amehosu bannar260 100 03

kawaraban260 100

会員用ログイン

サイト内検索