今週のフランス

インシュアテックの仏アラン、1億8500万ユーロを調達

インシュアテックの仏アラン(Alan)はこのほど、1億8500万ユーロの資金調達を行った。評価額を14億ユーロとして実施、いわゆる「ユニコーン企業」の仲間入りを果たした。

今回の調達では、上場企業への投資でも知られる投資会社のCoatue ManagementやDragoneerが新たに出資。伊アニェッリ一族のExorも出資した。従来の株主(インデックス・ベンチャーズ、テマセク、リビット)も再び出資した。調達額のうち、3500万ユーロは、既存株主の一部と従業員による持ち株の売却が占めた。

アランは5年前にパリで創業。団体医療保険を企業向けに提供し、100%デジタルのサービスを特徴とする。年間収入は1億ユーロを超え、被保険者数15万5000人、保険加入企業数は9000社に上る。フランスのほかにベルギーとスペインに進出。各国の状況にあわせて、医療関連のサービスを組み合わせて提供することで差別化を図っている。2022年に新たに2ヵ国に進出し、2023年までに被保険者数100万人を達成することを目指しており、調達した資金をそのために用いる。

 

バックナンバー

Prev Next
提供
kaiin260 100
kaiin260 100

会員用ログイン

サイト内検索