今週のフランス

ロックダウン、12月1日以降も継続へ

カステックス首相は12日、新型コロナウイルス感染症対策で再導入したロックダウンについて、今後の展望を明らかにした。当初は12月1日までの予定で導入されたが、これを延長することを明らかにした。

再ロックダウンは10月30日に開始された。11月12日は2週目の終わりに相当し、政府は開始時に、2週間後に状況を踏まえて措置を見直すと約束していた。首相は、感染の勢いがようやく鈍りつつあることを示す兆候が出始めたものの、まだ予断を許さず、長期に渡り医療機関が厳しい状況に直面するのは避けなければならないと述べて、ロックダウンの継続を正当化した。具体的には12月1日以降も、外出・移動制限を旨とする現行制度を維持。バー・レストラン、スポーツジムについても営業禁止を継続すると予告した。それ以外の商店等については、状況を見ながら制限緩和の可能性を検討し、2週間後に見直しを行うと約束した。毎年、年末のクリスマス・新年は帰省客が増える時期だが、この期間の制限措置をどうするかについても、11月末時点で発表すると約束した。

バックナンバー

提供
kaiin260 100
kaiin260 100

会員用ログイン

サイト内検索