今週のフランス

BNPパリバ、今秋に指紋認証カードを発行へ

仏大手銀行BNPパリバはこの秋に、指紋認証のクレジットカードの発行を開始する。日刊紙ルパリジャンが24日付で報じた。

諸外国では投入の事例もあるが、BNPパリバは、VISAプレミアムカードの所有者を対象とする大規模な発行に踏み切る。フランスではこれが初めて。初回発行で1万枚から1万5000枚という規模になる。カードは、仏タレスが買収した旧ジェムアルトが開発した技術を採用。店舗での支払いは、カード上の読み取り用の小窓に指紋をつけつつ、非接触型決済の要領で店舗の端末にかざすだけで完了する。カード上のインジケーターと、端末のビップ音が決済の完了を知らせる。カードの保有者はその前に、指紋の登録をする必要がある。カードと共に提供される小型の装置にカードを挿入し、カード上の小窓に5回、指を当てて指紋を認識させることで完了する。タレスはこの技術を、スイスなど一部の欧州諸国にて試験運用し、今回の本格的な展開に至った。BNPパリバは、年間料金など商品化の詳細をまだ詰めていない。

同行以外にも、クレディアグリコルが一部の地方金庫で試験導入を行っており、今年の冬より前の投入を目指している。ソシエテジェネラルは1年ほど前から社内で試験運用を続けている。

 

バックナンバー

Prev Next
提供
kaiin260 100
kaiin260 100

会員用ログイン

サイト内検索