今週のフランス

仏雇用数、4-6月期も純増を維持

10日発表のINSEE統計によると、4-6月期に民間部門の雇用数は前の期比で4万5800人の純増を記録した。0.2%の増加に相当する。1ヵ月前に公表された速報値が1万6200人分下方修正されたが、堅実な増加傾向を維持した。

公共部門を含めた給与所得者数でみると、4-6月期には5万6200人の純増を記録。純増幅は前の期の10万2600人と比べてかなり小さくなったが、増加傾向を維持した。期末の雇用総数は2540万人(0.2%増)となり、2015年初頭以来で増加を続けている。

4-6月期の数字はINSEEの予測を裏付けるものとなった。INSEEは通年では25万人の雇用増を予想(前年より増分は7万人多い)。失業率は8.3%になる見通し。なお、ACOSS(社会保障会計の上部金庫)によると、現金給与総額は4-6月期に1.1%の増加を記録しており、雇用増が社会保険料の収入増をもたらす流れとなっている。

 

バックナンバー

kaiin260 100

会員用ログイン

サイト内検索