partenaires

パリ日本文化会館 日仏交流俳句コンクールのお知らせ

在仏日本商工会議所 各位

 

平素は、当協会へのご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスは予断を許さない状態が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

パリ日本文化会館では、コロナと共に生きる社会を支援する特別企画を計画しています。

・知恵を創出する、MCJPフォーラム:日仏の知恵と文化力でwithコロナ社会を生きる

・文化で支援する、日仏交流俳句コンクール:「離れていても」 ー withコロナで頑張る世界に俳句でエール ー

 

MCJPフォーラムでは、日仏の様々な分野の専門家のシンポジウム、講演会、 インタビューなどを計画中ですので、

追って案内させていただきます。

 

今回は、文化で支援する俳句コンクール、

「離れていても」ー withコロナで頑張る世界に俳句でエール ー を案内いたします。

 

俳句コンクールは、withコロナの社会で、世界中の人たちが今困難に
立ち向かっているなか、世界中の人たちと、俳句を通してつながり、
喜びや悲しみ、気づいたことなどを分かち合い、励ましあい、日仏
はじめみんなにエールとなって届くことを期待しています。

 

俳句は、日本語、フランス語、どちらでも、どなたでもご参加いただけます。

ご家族や、フランスの方にもご紹介いただき、ふるってご参加いただけましたら幸いです。

 

詳細は以下のHP(日本語/フランス語)をご参照ください。

日仏交流俳句コンクール「離れていても」 
ー withコロナで頑張る世界に俳句でエール ー

https://haiku.mcjp.fr/jp/

 

 

 

<ご参考>

俳句はフランスに100年以上も前に伝わり、2011年にはフランス語圏俳文協会が発足しました。

教育省も小中学校の教育に俳句を用いることを推奨するなど「haïku」はフランス語としても定着しています。

熱心に俳句を詠む俳句人口は5000名ほどと推定され、フランス語の俳句専門誌も出版されています。

なお、フランス語の俳句は、3行の定型詩として、5・7・5を文字数ではなく、音節数で捉えます。

 

以上

 

最新記事

kaiin260 100
kaiin260 100

amehosu bannar260 100 03

kawaraban260 100

会員用ログイン

サイト内検索