今週のフランス

カジノ、「レジで現金引き出し」のサービスを開始

食品小売大手カジノはこのほど、レジで現金引き出しに応じる新サービスを一般化すると発表した。流通大手としては他社に先駆けて導入する。

流通店舗がカードによる現金引き出しに応じるサービスは、一部の欧州諸国では一般化しているが、フランスでは普及が遅れている。カジノは5月から「ジェアン」名義の大型店舗で試験導入を開始し、これをこの9月に拡大した。具体的には、大型店舗106店のうち80店舗で提供、また、中型店舗(「カジノ」名義のスーパー)では400店舗のうち150店舗で提供する。当面は、セルフサービスのレジで提供、レジの係員が顧客の請求を経て自動機の現金引き出し機能をオンにするという手順で行われる。引き出し額は50ユーロが限度で、手数料はかからないが、買い物客であることを条件とする。また、セキュリティ上の理由から、非接触型の引き出しには応じておらず、暗証番号を打ち込まないと引き出しはできない。

政府は現在、この種のサービスに関する詳細を規定する政令を準備中。カジノは自動機に限って先行導入に踏み切ったが、政令の公示を経て、通常のレジでも現金引き出しサービスを開始する予定。

 

バックナンバー

kaiin260 100

会員用ログイン

サイト内検索