今週のフランス

ワイン生産量、2017年に19%減

仏農業省は107日、2017年の国内ワイン生産量見込みを3690万ヘクトリットルと発表した。前年比で19%の減少となる。全国のワイン生産地では今春に、その程度に差はあるものの霜害が発生しており、これが生産量の減少を招いた。被害は、ボルドー、シャラント、アルザス、ジュラで特に目立った。逆に、バルドロワールとボジョレー・ブルゴーニュではそれぞれ8%、4%の生産増が見込まれる。(「日刊メディアダイジェスト」109日より転載)

 

バックナンバー

サイト内検索

会員用ログイン

kaiin260 100