今週のフランス

フランス2局の夜のニュース番組、キャスターが交代へ

仏公共放送機関フランス・テレビジョンのエルノットCEOは5月17日、傘下の主要テレビ局「フランス2」の夜8時台のニュース番組に関して、主要キャスター(ウィークデー担当)の交代を決定した。交代は秋の新年度から。「局の顔」ともいうべき夜のニュース番組のキャスターの人選はそれ自体が注目度が高いが、この決定は予想外だっただけに、局内に大きな波紋を投じている。

フランス2のキャスターは2001年9月以来、ダビッド・ピュジャダス氏が務める。競合する民放大手TF1の同じ時間帯のニュース番組との視聴率の差を縮めて、ほぼ互角にまで引き上げるなどの実績もあり、本人も周りも続投を当然視していた。エルノットCEOは17日の朝にピュジャダス氏を呼んで突然に今季限りでの降板を告げたという。同氏はその直後にニュース番組の関係者らにこれを公表したが、ショックを隠しきれない様子だった模様。

後任には、同じくフランス・テレビジョン傘下の「フランス5」でトーク番組の司会を務めるアンヌソフィー・ラピックス氏が就任する見通し。

エルノットCEOは交代の理由として、そろそろフランス2のニュース番組のイメージを刷新すべき時期が来たと説明しているが、新内閣の陣容が決まったのと同じ日に決定を告げたことも手伝い、新政権の意向が反映されているのではないかとの憶測も招いており、発表のタイミングも問題視されている。(「日刊メディアダイジェスト」5月18日より転載)

 

バックナンバー

サイト内検索

会員用ログイン

kaiin260 100