今週のフランス

仏経済成長、加速する傾向に

16日発表のINSEE予測によると、仏経済成長率(前の期比)は、1-3月期に0.3%、4-6月期に0.5%となり、成長のリズムが加速する見通しになった。下半期がゼロ成長となった場合でも、2017年通年の経済成長率は1.1%となり、既に2016年通年と同じ水準に達する。

これまで経済成長の足を引っ張ってきた外需が回復に向かっており、上半期全体ではGDP成長率へのマイナス貢献がほぼなくなる。これにより、企業の設備投資が順調に推移すると予想される。半面、インフレ率が6月末時点で1.1%まで上昇することで、個人消費支出の伸びはやや鈍ると予想されるが、1-3月期に0.2%増、4-6月期には0.4%増(いずれも前の期比)と増加を確保する。家計による投資(主に不動産)は、低金利もあり、四半期ごとに1%の増加を記録する見込みで、建設部門の回復のけん引力になる。また、6月末時点の失業率(本土)は9.5%となり、0.2ポイントの低下が見込まれる。(「日刊メディアダイジェスト」3月17日より転載)

 

バックナンバー

サイト内検索

会員用ログイン

kaiin260 100